FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

「果たせぬ思い」そして「果たせる思い」

2000年に(社)松戸青年会議所に入会してから、本年で足掛け11年。
その間様々な経験をさせて頂き、2007年には本組織の節目の年である40周年の理事長を勤めさせて頂きました。ちょうどその時期にある歴代理事長からこんな言葉を頂きました。「杉浦君、理事長職を精一杯全うすることは勿論の事、自社の繁栄を皆の目に見える形で示して行きなさい。理事長がJCを誰よりも考え実行するのは当たり前のことだ、その基盤になる自社の繁栄を目に見える形にしてこそ、真のリーダーなんだよ」
当時は理解したつもりでいたが、理事長職の重責と、目が回るような忙しさに自社の繁栄を考えることもせず、あっという間に1年間が終了してしまいました。ずっと心残りでありましたが、昨年の2009年千葉ブロック協議会の会長を務めさせて頂く機会に恵まれました。その時に私は2007年理事長の時期に出来なかった、自社の繁栄を目に見える形で皆に示していく事を成し遂げる機会に恵まれました。
千葉ブロック協議会会長という重責、多忙な時期に埋没するのではなく、自社の未来や自社を指名してくれるお客様のために、様々なニーズに対応しうる「新たなホール建設」を決断しました。来月初旬にはオープンの運びになりましたが、それまでに非常に役に立ったことは、JCで学んだ事でありました。
銀行からの融資を受けるためのプレゼン及び資料作成、段取りから何から何まで、この組織(松戸JC)に自身が存在したからこそ、オープンに漕ぎ着けたのだと切に思います。JCにいるからこそ当たり前にできる。
JCにいるからこそ会社のためになる。
何よりもJCで学んだ事はすべて会社のためになるということを肌で実感する事が出来ました。

監事 杉浦 誠

スポンサーサイト
25
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://2009mjc.blog97.fc2.com/tb.php/312-8c66a460

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。