FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

3つの真実

100万部を超える大ベストセラー「鏡の法則」の著者 野口嘉則氏の『3つの真実』を読みました。

まるで引き寄せの法則を物語風に展開していくストーリーがとても読みやすく、きれい事ではない真の成功・豊かさに氣づかせてくれます。主人公と老人という設定で会話が広がります。

「人生に問題やピンチはつきものじゃ。そして、それらに出会ったときにどう生きるかで、人生は大きく左右される」

「自分に起きてくる出来事を判断するときの、ゆるぎない価値観となるのが中心軸じゃ。人類の歴史上、真に偉大な人物たちは皆、自分の中心軸を持っておった。この軸があれば、ピンチや問題に出会っても、揺れたりふらついたりすることがない。なぜなら、自分に起きた出来事の意味を正しく理解し、自分が何を選択すればよいかを知る事ができるからじゃ。」

「もし君が人生でそれを繰り返したくないなら、まず『人生を通じて最も望む事は何か』をはっきりとさせる事じゃ。
そして、それをはっきりさせる事が中心軸を定める事になる。実に奇妙な事じゃが、おおくの人間は『自分が人生で最も望んでいるものが何か』を知らない。それゆえに、起きる出来事に振り回され、感情や衝動に流されてしまうのじゃ」

「人に認められる事を目指すという事は、周りの価値観に振り回される事になる。大人も子供も、周りから評価されるために、目に見える結果ばかりを追い求める。そして、自分らしさを埋没させてしまっているのじゃ。目に見える結果によって人から認められようとする限り、比較の世界にはまり込んでしまう。比較の世界では、自分の相対的な価値は上がったり下がったりするのじゃ。」
 
「人間の行動の動機は、突き詰めていくと愛か怖れかのどちらかしかないのじゃ。この事を知ると、自分の行動の背後にあるものを理解できるようになる」

「人間は、怖れによって行動する時、本当の幸せから遠ざかっていく。よく覚えておきなさい。本当の幸せは、愛に生きる時、もたらされる。われわれは、愛に生きる時、幸せに人とつながる事ができるのじゃ」

いかがでしたでしょうか?

普段何気なく生きている私ですが、仕事、家族、JC全てにあてはまると思いました。
仕事、家族、JCどこにいても同じ考えや気持ち行動をしていきたいと思います。

人材開発室室長 佐藤 富和
スポンサーサイト
09
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://2009mjc.blog97.fc2.com/tb.php/322-2d797047

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。