FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

人間ドックの結果

 3月9日に人生初の人間ドックに行ってまいりました。
 今年で37歳だし、最近太り気味(過ぎ?)ですし、どうも日ごろから体調が悪いので、しっかりと自分の体について調べてやろうと思いました。検査の内容は、血液・尿・便・エコー・胸部レントゲン・胃部レントゲンetc・・・

 その結果が先日届きました。

 どうやら癌はないらしい。腎臓も膵臓も異常はないらしい。
 が・・・・肝臓が非常に危ないということがわかりました。
 と、胆嚢にポリープと石が・・・・

「早急に生活習慣を改善してください。」の文言がありました。
「メタボリックシンドローム該当です。血栓が非常に出来やすく、脳梗塞、心筋梗塞を起こす可能性が非常に高いです。」ともありました。
予想はしていましたが、はっきりと記載されると少々へこみます。怖くもなります。
人生に悔いはないですが、未練はあります。まだまだやり残したことがたくさんあります。

 驚いたのはその後に書いてあった文言。
「急激な減量は病気やリバウンドを招きますが、メタボリックシンドローム・肝機能は、3か月から6カ月の生活習慣の改善で十分標準値に戻ります」

そうなのか!そうだったのか?そんな短期間でもどるものなのか!!

つまるところ、食べ過ぎず、飲み過ぎず、軽くでよいから運動をして半年を過ごせばよいそうです。
当たり前と言えば当たり前ですが・・・・その当たり前ができてなかったんでしょうね。

昨日購入した「ダイエットセラピー」によると
「自然界で、太り過ぎている動物はいない。餌をたくさん与えられてもリスは太らない。本能で太らないようにできている」のだそうです。そうかな・・・と思いつつ、理性をもつ人間として動物以下にならないようがんばろうと思います。

無理はしないで食べて飲んで、それでいて食べ過ぎず・飲み過ぎず。
なんだかできそうな気がしてきました。


監事 小林

 
スポンサーサイト
29
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://2009mjc.blog97.fc2.com/tb.php/333-d0051ed6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。