FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

どうなる日本

日本固有の領土である尖閣諸島で事故をおこした船長を、日本の法律で対応していくとしていた政府があっさりと釈放しました。おそらくこれで事態は、収束していくのでしょうが、腑におちません。
レアアースなる資源の禁輸、報復措置への懐柔、色々あるんでしょうが、もしかしたら百年後の歴史の教科書に載るような日になったかもしれないと驚かされています。
これを契機に、元々存在しない尖閣諸島の領有問題が議論されるようになり、最終的に領土を放棄するようなかたちで決着したとしたら、莫大な資源の損失とともに、日本の国際的な地位低下は間違いないでしょう。
第二の北方領土にならないことを、切に願います。

今日改めて思ったことは、日本は資源もなく、食糧自給率も低いといった問題です。
あまりに外交が弱いと、その辺りを突かれて今後もこのような問題が起き、主導権を取られて国力の低下を招くのではと心配になってしまいます。
ぜひ、突っぱねる時は突っ張って頂き、主権、領土、国民を守れるようにしてほしいものです。
そのためにも、日本の特徴である高い経済力と技術力は不可欠なので、我々も関心をもち、経済活動を頑張っていかなくてはならないと思いました。

いろいろ書きましたが、今日の報道の裏に高度で戦略的な外交の駆け引きがあり、こんな心配が杞憂に終わればいいと思っています・・・・・・・。
                                                            副理事長 菊地 裕



スポンサーサイト
25
2010
Relation Entry

Comment

Trackback

http://2009mjc.blog97.fc2.com/tb.php/406-dc5e5199

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。